口臭は腸内環境の改善が大切

MENU

口臭は腸内環境の改善が大切

口臭は腸内環境を正常にし、改善することが大切なのをご存じですか?
そもそも体質がもたらす口臭や体臭は、血液に交って全身を巡って悪臭成分が体外に現れてきます。
では、この悪臭成分はどこから血液に交るのでしょうか?

 

 

まず考えられるのは、腸壁です。腸では様々な食べ物からの栄養が分解され、必要のないものは便となり体外に排出されます。そして、必要な栄養素は腸壁から吸収され、血液の中に入って体中に運ばれ使われます。

 

 

ですが、腸の環境が乱れていると、そこにアンモニアや硫化水素等の有害物質が発生し、不快な腐敗臭がします。

 

 

また、もう一つの悪臭となる成分は、体中の細胞の生命活動で生み出される老廃物です。これには筋肉が働くとクレアチニンと言われている老廃物が生み出されますし、その他にも、尿酸や尿素、硫酸、リン酸などが作り出され、血液に入って腎臓にまで運ばれます。

 

 

したがって、腎臓は腸壁で吸収されたアンモニアや硫化水素、体中の細胞の生命活動で生み出される老廃物が運ばれるんですね。
腎臓は、運ばれてきた物を濾過することで悪臭を伴う物質を血液の中から取り除き、有害物質を尿で排出し、綺麗なった血液を血管に戻しています。

 

 

しかし、腎臓の働きが良くないと、有害物質を十分に排除できなくなってくることもあります。そうなれば、それらの多くが血液の中に溶け込んで全身を循環することになります。
このようにして、悪臭を放つ有害物質が肺を通って体外に出たのが体質からの口臭となり、汗腺を通って出るのです。

 

 

ですので、腸壁や体中の細胞が悪臭の入口と言え、正常にはたらいていれば腎臓が出口ということになるでしょう。そして、この両方でしっかり悪臭を断つようにすれば、体質からくる口臭や体臭は取り除くことが出来ます。

 

 

とは言っても、体の細胞が生み出す老廃物は、生命活動することで出来るものなのでこれを断つことは出来ませんが、腸壁と腎臓において必要のない悪臭を断つ為に、腸や腎臓の機能を正常に戻せば良いのです。

 

 

そして悪臭は、腸壁で吸収された残りかすが便となって排出されるので、要はその中に悪臭成分を出来るだけ交ざらないように、アンモニアや硫化水素などを作り出させないようにするのです。
したがって腸内環境を改善し、正常化することが大切と言えます。

 

 

伊藤潤一式口臭消滅プログラムでは、あなたの体質からくる口臭を一変させる奇跡の食べ物が紹介されています。これが口臭克服の最大の肝といっても過言ではありません。ただ普通に食べるだけではその恩恵を十分に受ける事はできず、食べ方に秘密があります。ちなみに、近所のスーパーで簡単に安価で手に入る物です。

 

 

原因不明の口臭が、最短3日で根本から消し去る体質改善法!

 

伊藤潤一式口臭消滅プログラムの詳細を見てみる