口臭と虫歯の関係

MENU

口臭と虫歯の関係

口の中で口臭の原因になるものは何かと聞かれたら、あなたは何と答えますか?
真っ先に思い浮かべるのが虫歯ではないでしょうか。

 

 

確かに虫歯は口臭の原因の一つですが、実際は歯垢、歯肉の炎症、舌苔と、その後に次いで4番目に虫歯がくるんですね。

 

 

通常は、虫歯が1本あるくらいでは口臭が強くなることはありませんが、虫歯がたくさんあったり、そんまま何もしないで虫歯が進行して神経が死滅してしまった場合などは、口臭がしてくるようになります。

 

 

また、虫歯を歯医者さんで治療した際のつめものや、かぶせ物、ブリッジ、差し歯などが合っていなかったりすると、その部分に食べかすなどの汚れがついてしまい、口臭のもとになってしまいます。

 

 

その他にも、金や銀などの合金を材料にしたものは、金属特有の臭いが出てくることもありますし、虫歯の治療後の歯は、歯磨きでの磨き残しをしてしまいがちになり歯肉炎が起きやすく、それがもとで口臭が生じてくる場合もあります。

 

 

入れ歯をされている方は、プラスチックが材料として使われており独特の臭いがあります。吸水性もいいことから使っているうちに細菌などがついてしまうので、普段からお手入れをもきちんとしないと、歯と同じようにプラーク(歯垢)が付着し口臭を招いてしまいます。

 

 

そして、汚れたまま入れ歯を使い続けてしまうと、その周りの歯が歯周病や虫歯になったり、入れ歯が触れる粘膜に炎症が起きたりすることもあります。
こうなってしまうと、常に強い口臭が発生するようになってきます。

 

 

全ての口臭の悩みを短期解消!

 

伊藤潤一式口臭消滅プログラムの詳細を見てみる