年をとると口臭が強くなる!?

MENU

年をとると口臭が強くなる!?

年をとった年配の方の臭いは、加齢臭やおやじ臭と言われ、不快なものとして意味嫌われますね。
その不快なにおいの原因としては、皮膚の表面の皮脂や垢などが細菌などによって分解されることで発生すると言われています。

 

 

また、年齢を重ねるにしたがって唾液分泌が少なくなってきます。
これは加齢による唾液腺の機能が衰えることもありますが、様々なことが関与しています。

 

 

人間は誰しも、年をとると色々な病気になり、薬など服用する人も増えますが、この薬の副作用などもあり口が乾燥することがあります。
また、年齢に伴って歯周病も進行して重症化していき、酷くなると特有の歯周病の臭いもしてきます。

 

 

年をとると、歯磨きをしなくてもあまり気にならなくなり、全体的に悪化してきます。
これが唾液の低下と共に加齢に伴って口臭が強くなり臭くなる要因と言えます。

 

 

また、舌が渇いたりしていたら、唾液を促すことで口臭も軽減できます。
唾液分泌を促すには、食事など顎や舌をしっかり動かして良く噛んで食べたり、十分な水分をとることも大切です。

 

 

繊維質のある食ベものやガムなどを噛んで顎や舌を十分に動かすと唾液腺を刺激すると良く出てくるようになります。
自分の口臭を気にしていると人の話すのを少なくなったり、食事を控えたりすると返って唾液量が少なくなり口臭が酷くなる場合もあります。

 

 

ですが、口臭発生の原因となる病気や汚れがある人は、唾液で潤すだけでは口臭の改善になりません。
口臭の原因となる歯(入れ歯)、舌などの汚れを取り除いて、口の中を綺麗にすることが口臭予防や改善の基本です。

 

 

全ての口臭の悩みを短期解消!

 

伊藤潤一式口臭消滅プログラムの詳細を見てみる