空腹時の口臭 伊藤潤一式口臭消滅プログラム フロンティア 対策 治療

MENU

空腹時の口臭

食事をしなければ口臭は少なくなると思っていませんか?
食事をすると、色々な食べ物を食べることが口臭の原因となると考え、食事をしなければ口臭はしなくなるのではと思う人もいるかも知れませんが、そんなことはありません。

 

 

実際は、食べない空腹時の時の方が口臭はするのです。
食事中は、食べ物を噛むことによって口の中を掃除する働きがある唾液が活発に分泌されるため、口の中は思ったより綺麗で、口臭も少ないのです。

 

 

むしろ、問題になるのは空腹時の食事をしていない時です。
特に、食後の2〜3時間後は唾液の分泌も減ってくるのですが、その後も何も口の中に入ってこない時間が長くなればなるほど、それに比例して唾液の分泌も少なくなってきます。

 

 

したがって、口の中の唾液が減ることで、口臭も出やすくなります。
また、起床直後に口の中がネバネバして不快に感じたことはありませんか?
これは、夜、寝ている間に唾液の分泌が少なくなり、口内細菌が増えて口の中が汚れてしまうからです。

 

 

口の中には、常に臭いを発生する物質が存在しており、健康な状態であればその量も少ないので不快に感じることはありません。
一般に、こうした口臭を生理口臭と言うのですが、これは生きているなら誰しもあるものです。

 

 

そして、生理口臭の発生に大きく影響を与えるのが唾液の量です。
唾液は、口の中を綺麗にする役目も担っているのです。
また、新陳代謝や細菌により、歯肉の皮膚細胞が剥がれたものも綺麗に掃除します。

 

 

ですが、唾液の1日に出る量は一定ではなく、波がありますので、分泌量が少なくなる時間帯は、唾液による自浄作用の働きが弱くなり、口臭が出やすくなります。

 

 

原因不明の口臭が最短3日で消滅する体質改善プログラム!

 

伊藤潤一式口臭消滅プログラムの詳細を見てみる